no title


ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドアヤックスオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を勧誘したことが判明した。スペインマルカ』が報じた。

シーズンチャンピオンズリーグ(CL)で躍進を遂げたアヤックスのなかで、大いに存在感を示したデ・リフト。今夏の人気銘柄として大きな注目を集め、相思相愛バルセロナ移籍が有力的だが、依然としてパリ・サンジェルマン(PSG)やリバプールユベントスマンチェスター・ユナイテッドらの関心も取り沙汰されている。

そうしたなか、デ・リフトは9日、UEFAネーションズリーグ決勝戦のポルトガル代表戦にフル出場。結果としてオランダ代表の準優勝に終わった一戦だったが、その試合後のピッチ上でC・ロナウドと笑顔でコミュニケーションを取り合う姿が…。ミックスゾーンでその件について問われると、デ・リフトは次のように話したという。

ロナウドが僕にユベントスに来るよう頼んできた。そのリクエストを聞いて、驚いたし、笑っちゃたよ。最初、彼だと理解していなかったんだ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)