(出典 www.football-zone.net)



エルサルバドル戦で久保がデビュー「観客たちが期待していた選手がピッチに立った」

 日本代表は9日、国際親善試合でエルサルバドルを2-0で破った。18歳MF久保建英FC東京)が後半途中にA代表デビューを飾ったなか、堂々たるパフォーマンスに対戦国メディアも「アジアサッカーの新たな真珠」「久保の小劇場となった」と称賛している。

 森保一監督は5日に行われたトリニダード・トバゴ戦(0-0)からスタメン6人を入れ替えたうえで、同じ3-4-2-1システムを採用。トリニダード・トバゴ戦でベンチ外だった久保は、エルサルバドル戦でベンチスタートとなった。

 試合は前半19分、同41分にFW永井謙佑(FC東京)が代表初ゴールを含む2得点を奪い、日本が順調な試合運びを見せるも、後半はやや膠着した展開となる。森保監督は永井の負傷を機に一気に3人を交代。システムも4-2-3-1に変わったなかで迎えた後半22分、MF南野拓実(ザルツブルク)に代わって久保が投入され、史上2番目の若さとなる18歳5日での代表デビューを飾った。

 すると、直後の後半28分、FW大迫勇也ブレーメン)の縦パスを右サイドで受けた久保が相手選手2人に囲まれながらも切れ味鋭いカットインで置き去りにし左足を振り抜く。これは相手GKにキャッチされるも、代表初シュートで強烈なインパクトを与えた。

 久保の迫力あるドリブル突破に、対戦国エルサルバドル紙「エル・グラフィコ」は、「60分までに3人の交代が施されたが、ようやくスタジアムに集った地元の観客たちが期待していた選手がピッチに立つことになった。アジアサッカーの新たな真珠、久保建英だ」と会場の注目度が最高潮となっていたことを伝えている。

 投入後の展開については「久保による小劇場となった」と表現し、カットインからのシュートの場面を含め、随所で攻撃を牽引したことを指摘。ゴールこそならなかったものの、久保の堂々としたパフォーマンスには対戦国も脱帽せざるを得ない様子だった。(Football ZONE web編集部)

MF久保建英が代表デビューを果たした【写真:浦正弘】


(出典 news.nicovideo.jp)