(出典 img.cf.47news.jp)



2-0で勝利を飾ったエルサルバドル戦のスタメン11人&デビュー久保を英記者が採点

 日本代表は9日、国際親善試合でエルサルバドル代表に2-0で勝利した。森保一監督は5日に行われたトリニダード・トバゴ戦(0-0)からスタメン6人を入れ替えたうえで、3-4-2-1システムを継続採用。1トップのFW永井謙佑(FC東京)が代表初ゴールを含む2得点の活躍を見せ、18歳MF久保建英FC東京)も途中出場で待望のA代表デビューを飾った。

 かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボールアジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏が、エルサルバドル戦の先発11人に加え、代表デビューを飾った久保を10点満点で採点。18歳のレフティーには最高評価タイとなる7点が与えられ、「大きな自信となるデビュー」と惜しみない賛辞が送られている。

  ◇   ◇    ◇

エルサルバドル戦の日本代表スタメン11人+久保の採点(10点満点)

【GK】
シュミットダニエルベガルタ仙台) 6点
90分間の大半で歯ごたえのないエルサルバドルの攻撃に対し、するべきことがほとんどなかった。

【DF】
冨安健洋(シント=トロイデン) 7点
永井の先制点をアシストしたことに加え、見事なクリアが起点となって最終的には永井の2得点目につながった。素晴らしいパフォーマンスだ。

昌子 源(トゥールーズ) 6点
歯ごたえのないエルサルバドルの攻撃に対し、対処すべきシチュエーションが少なく、静かな夜を過ごした。

畠中槙之輔(横浜F・マリノス) 6点
前半はクロスボールに対して舵を取るなど、わずかな脅威も鎮圧していた。格下相手に冷静なプレーを見せた。

代表デビューを飾った久保は冨安、伊東、永井と並んで最高評価の「7点」

【MF】
伊東純也(ヘンク) 7点
活発的な前半45分を過ごした伊東は、主力の右ウイングバックである酒井宏樹よりも攻撃の脅威となっていた。一方で、守備力に関して相手のレベルもありこの試合で検証・評価することはできない。

橋本拳人(FC東京) 6点
相棒の小林祐希とともに十分に手堅いパフォーマンスを披露。すべてのプレーに対してきっちりと整理されていた。

小林祐希(ヘーレンフェーン) 6点
手堅い試合運びを見せ、攻撃のチャレンジもしていた。ロングレンジのフィードを発射させ、クロスも供給していたが、ヘディングが弱点である南野がチャンスを逃していた。

原口元気ハノーファー) 7点
攻撃を押し上げ、自身も攻撃参加。彼の決定的な仕事となったのは、永井の2得点目のアシストだった。

堂安 律(フローニンゲン) 6点
彼の水準を踏まえると不完全燃焼だ。同じサイドに、より攻撃志向の強い伊東純也がいたことを踏まえると、もっと守備に意識を向けるべきだった。

南野拓実(ザルツブルク) 5点
前半終了間際にリードを広げる最大のチャンスを二度も外した。それ以上に印象的なパフォーマンスはなかった。

【FW】
永井謙佑(FC東京) 7点
森保ジャパンデビュー戦で日本の勝利を保証する見事な2ゴールを決めた永井は、最も突出したパフォーマーの1人だった。彼の活躍は久保のデビューという印象深いクライマックスにより、影が薄くなってしまったが、評価に値する。


久保建英FC東京) 7点
投入された際、チームに真の目標と興奮を呼び戻した。単独での打開、チームメートとの連携の両方で真の攻撃意識を備えていた。大きな自信となるデビューを飾った。(マイケル・チャーチ/Michael Church)

マイケル・チャーチ氏が、エルサルバドル戦のメンバーを10点満点で採点【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)