no title

エルサルバドル戦で代表デビューの久保が代表初シュートで強烈なインパクトを与える

 森保一監督率いる日本代表は9日、国際親善試合でエルサルバドルと対戦し、2-0で勝利を収めた。待望のA代表デビューを飾った18歳MF久保建英FC東京)は投入直後に切れ味鋭いカットインからのシュートを放ったが、対戦国メディアも「心躍らせる個人技で翻弄し、ゴールに迫った」と伝えている。

 5日に行われたトリニダード・トバゴ戦(0-0)からスタメン6人を入れ替えた日本は、エルサルバドル戦でも3-4-2-1システムを継続採用。トリニダード・トバゴ戦でベンチ外だった久保もベンチ入りを果たした。

 試合は前半19分、同41分にFW永井謙佑(FC東京)が代表初ゴールを含む2得点を奪い、前半をリードして折り返す。後半はやや膠着した展開となるが、4-2-3-1システムに変更し迎えた後半22分、MF南野拓実(ザルツブルク)に代わって久保が投入され、A代表デビューを飾った。

 すると後半28分、MF橋本拳人(FC東京)の縦パスを右サイドで受けた久保が相手選手2人に囲まれながらも切れ味鋭いカットインで置き去りにし、そのまま左足を一閃。惜しくも相手GKに阻まれるも、代表初シュートで強烈なインパクトを与えた。

 このワンシーンエルサルバドルメディアEDH Deportes」は、公式ツイッターで「久保建英が心躍らせる個人技でジョナサン・ヒメネスとロベルトドミンゲスを翻弄し、ゴールに迫った」と伝えた。

 デビュー戦でゴールとはいかなかったものの、18歳が放つ存在感に対戦国も驚きを隠せない様子だった。(Football ZONE web編集部)

日本代表MF久保建英【写真:浦正弘】


(出典 news.nicovideo.jp)