(出典 contents.gunosy.com)



日本代表は8日、翌9日に行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向けてトレーニングを行った。

トリニダード・トバゴ代表戦では完璧に相手を抑え込んだ冨安健洋。記者からの強豪を相手にした場合でも3バックは通用するのかという問いに、選手同士でも課題となっていることを明かした。

◆DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
――強豪相手にした3バックでも通用するか
「選手同士でも、(酒井)宏樹くんがぼかして相手を背後に置いてる時があって、それは大丈夫なのかということは話しました。でもウイングバックにちゃんとしたポジションを取らせすぎると前に行けず押し込まれるので、そこはかなり難しい所です。なので僕がカバーできるところはカバーしたいと思ってますし、最悪(パスが)出てからでも止めることが出来ればそれに越したことは無いかなと」

――相手によって3バックは変化するのか
サッカーする上て大事なのはゴール。相手というより僕らが3バックに適応するかどうか。相手ではなく僕らが主導でという感じです」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)