(出典 img.footballchannel.jp)



 バルセロナが今夏のパリ・サンジェルマン退団を発表した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの獲得に関心を示しているようだ。6日、ポルトガルメディア『Rádio Renascença』が報じた。

 パリ・サンジェルマンは5日、41歳のブッフォンとの契約更新を行わないことを発表。同選手はファンへの感謝を述べると同時にキャリア続行を示唆していた。

 一方のバルセロナオランダ代表GKヤスパー・シレッセンの退団が有力視されており、その代役となる控えGKとしてブッフォン白羽の矢を立てた模様だ。

 1994-95シーズンパルマでプロキャリアをスタートさせ、クラブと代表で合わせて25個のトロフィーを掲げてきた大ベテランブッフォン。節目となるキャリア25周年で悲願のチャンピオンズリーグ制覇を果たすことはできるのだろうか。

唯一“ビッグイヤー”だけがその輝かしいキャリアから欠けているブッフォン [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)