(出典 img.footballchannel.jp)



 パリ・サンジェルマンレアル・マドリードに所属するコスタリカ代表GKケイラー・ナバスの獲得に関心を示している。6日にスペイン紙『マルカ』が報じた。

 同クラブは今シーズン限りで元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの退団を発表し、後釜を模索中。パリ・サンジェルマンはナバスの経験値を高く評価しており、ブッフォンの後継者に相応しいと考えているようだ。

 一方のレアル・マドリード側も同選手に売却を前向きに考えており、交渉は難なく進行することが予測される。ナバス自身も出場機会を求めていることから移籍に前向きと伝えられており、新しいチャレンジを望んでいるとのことだ。

ナバスはパリ・サンジェルマンへと移籍する可能性がある [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)