no title


バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが次男マテオ君の凄まじいイジリに困惑しているようだ。同選手がアルゼンチン『TyC Sports』のインタビューで明かした。

現在メッシ家では長男のチアゴ君(6)、次男のマテオ君(3)、三男のシロ君(1)と3人の子供に恵まれている。

その中で現在、家族を悩ませているのが、いたずら盛りのマテオ君だという。

マテオ君は3歳上のチアゴ君をイジるのに凝っているのか、2人が共通して好きなサッカーの話題を出す際に、様々な挑発を行い、兄をヒステリックにさせているという。

とりわけ、最近のお気に入りは父親と共にバルセロナを愛するチアゴ君に対して、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝のリバプール戦、コパ・デル・レイ決勝のバレンシア戦で喫した痛恨過ぎる2つの敗戦の話題を用いたイジリだという。

メッシは地味にダメージを受けるも、息子たちの微笑ましいやり取りを今回明かしている。

「チアゴは毎試合、バルセロナゲームを見逃さずに見ているよ」

「マテオもフットボールが大好きなんだ。そして、彼はすべてのチームユニフォームを着ているんだ」

「ただ、この前自宅で息子たちと遊んでいたときに、マテオが『僕はバルサを破ったリバプールだぞ』と言ってきたんだ。その後、僕たちがバレンシアに負けた後は、『僕はバレンシアだ』って言うんだよ」

さらに、3歳にしてチアゴ君の怒りのツボを心得ているマテオ君は、“禁断”のマドリディスタに扮して兄を挑発しているという。

「この前なんかは自宅で家族とテレビを見ていたとき、マテオはチアゴをイライラさせるためにマドリーのゴールに喜ぶんだよ。だから、マテオはチアゴの前ではマドリーファンなんだ」

前述の2つの敗戦後、精神的なショックを引きずっていることを認めていたメッシだが、チアゴ君と共にマテオ君の強烈なイジリに晒され続けることで、「より強くなって戻ってくる」ことができるかもしれない。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)