no title


レアル・マドリーが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)の獲得に向けて3選手を提供する準備ができているようだ。イギリスタイムズ』が伝えている。

シーズンに向けての補強として、チェルシーベルギー代表MFエデン・アザールと並行してポグバの獲得に動いているマドリー。ポグバ当人もマドリー移籍を望んでいると報じられているが、ユナイテッドが高額な移籍金を要求していることから交渉は難航している。

マドリーのフロンティーノ・ペレス会長は、その高額な移籍金を払うことを渋っているという。そこで、余剰戦力と見られているウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)、コスタリカ代表GKケイロル・ナバス(32)、バイエルンから復帰予定のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の3選手を差し出すことで、フランス代表MFの獲得を目論んでいる模様だ。

この3選手に関してはユナイテッドが関心を示していることが以前から報じられている。果たして、どのような結末を迎えるのだろうか。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)