(出典 img.footballchannel.jp)



 レアル・マドリードアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの獲得に関心を示している。30日にスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

 デ・リフトは今シーズン、好パフォーマンスを連発しアヤックスチャンピオンズリーグ準決勝進出や、国内2冠達成に大きく貢献。欧州のトップクラブの注目を集めており、今夏の移籍市場で退団すると複数メディアにより伝えられている。

 同紙によると、バルセロナが同選手の獲得競争においてリードしていると報じられており、マンチェスター・Uパリ・サンジェルマンも移籍に関心を示しているようだ。そんな中、レアル・マドリードもデ・リフトの獲得レースに参戦し、同選手の移籍を巡った“エル・クラシコ”が行われる可能性があるという。

 レアル・マドリードは中国移籍が濃厚と報じられているスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの後釜を模索中。デ・リフトの獲得が実現すれば、S・ラモスの退団も承諾されるとのことで、フロレンティーノ・ペレス会長は急遽アヤックスに交渉を持ちかけるようだ。

レアル・マドリードはデ・リフトの獲得競争に急参戦するようだ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)