no title


アーセナルに所属する元チェコ代表GKペトル・チェフが、ヨーロッパリーグ決勝での敗戦に悔しさを滲ませている。『UEFA.com』が伝えた。

アーセナルは29日、EL決勝でチェルシーと対戦した。UEFA主催試合の決勝戦で初のロンドンダービーで、今シーズン限りでの現役引退を発表したチェフは古巣相手に先発。アーセナルにとってはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のラストチャンスだったが、後半立ち上がりの失点を皮切りに3失点を喫してしまう。その後、MFアレックス・イウォビのゴールで1点を返したが、追加点を許してしまい、1-4で敗戦。タイトルとCL出場権を獲得することはできなかった。

結果としては4失点もビッグセーブを連発し、勇敢に戦ったチェフは試合後、「彼らが陰でどれだけ努力をしてきたか」と語り、悔しい気持ちを吐露。引退後の去就についてはアーセナルとの契約期間を全うするまで考えない意向であることを明かした。

「これは僕たちに相応しくない結果だ。今シーズン、僕たちが陰でどれだけ努力をしてきたかサポ―ターの方々は見ることができないからね」

「僕らが何も手にできなかったと言うことは簡単だ。僕らはトロフィーを持っていないし、この決勝にも敗れたんだ。でも、僕は、努力をしてきた今シーズンが皆をより強くさせることを保証する」

トロフィーを掲げて、席に座り、(将来について)考えたかった。6月30日まではアーセナルの選手だ。それまでは何も考えないよ」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)