(出典 img.footballchannel.jp)



レアルは第1ターゲットアザールに続き、ポグバに注力 ポグバも条件引き下げに合意

 レアル・マドリード2018-19シーズンリーガ・エスパニョーラを3位で終えるなど、タイトルを義務づけられるクラブとしては屈辱の無冠に終わった。終盤戦から再び指揮を執るジネディーヌ・ジダン監督の元で新シーズンは大型補強が進むと見られるが、スペインベテラン記者によると、マンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバの移籍は「事実上完了」の段階に来ているのだという。

 スペイン紙「AS」によると、スペインテレビ番組「エル・チリンギート」に出演したベテランジャーナリスト、エドゥワルド・インダ氏がレアルの補強動向について大いに語っている。ポグバに関しては同胞のジダン監督が再登板した3月から補強の噂に挙がっており、なおかつチェルシーベルギー代表MFエデン・アザールとの両獲りについて進んでいることをこう明かしている。

「最初に獲得するのはアザールで、次に出てくるのがポグバだろう。彼はマンチェスター・ユナイテッドでの金銭面を年間1500万ユーロ(約18億7500万円)から1200万ユーロ(約15億円)に引き下げることに合意した」

 インダ氏によるとポグバ、そしてレアルが契約しているアディダスとの関係も大きく、この移籍交渉が強く進む理由の一つとして指摘。移籍金については「1億5600万ユーロ(約195億円)から1億7000万ユーロ(約2125000万円)の付近で進むだろう」としている。

 ポグバがマドリードの地に到着する日が近づきつつある――。正式発表まで待つ必要があるが、来季の巻き返しを願うマドリディスタにとっては、心強いビッグネーム到来となるのは間違いない。(Football ZONE web編集部)

マンチェスター・ユナイテッドMFポグバ【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)