(出典 www.theworldmagazine.jp)



チェルシーフランス代表MFエンゴロ・カンテが負傷したとの情報が届いた。『GOAL』が伝えている。

29日にアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるチェルシープレミアリーグ3位、EFLカップでは決勝でマンチェスター・シティに敗れ今季無冠のブルーズにとっては、タイトル獲得のラストチャンスだ。

しかし、そんなチェルシーに凶報が続いている。

チェルシープレミアリーグ終了後、アメリカに赴きニューイングランドレボリューションとのフレンドリーマッチを行った。その試合で、MFルベン・ロフタス=チークがアキレス腱を断裂し、EL決勝出場不可能に。

そして今回、今度はカンテの負傷情報が届いた。『GOAL』によると、カンテは練習中にヒザを打撲。今のところ容体は判明していないが、ELに向けて暗雲が立ち込めている。同選手はハムストリングの負傷から回復していた矢先だった。

チェルシーでは両選手の他、FWカラムハドソン=オドイとDFアントニオ・リュディガーがケガで離脱中。主力に多くの故障者を抱えて、決戦の地・バクに向かうことになる。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)