(出典 www.soccer-king.jp)



昨年末にユナイテッドを解雇されたモウリーニョ氏、現場復帰に意欲も決断は慎重

 昨年末にマンチェスター・ユナイテッドを解雇されたジョゼ・モウリーニョ氏が、モナコで開催されるF1のモナコグランプリを現地観戦している。英メディアリポーターから突撃取材を受けると、自身の去就についてまだ何も決まっていないことを明かした。

 モウリーニョ氏は今季ユナイテッドの指揮3年目のシーズンを迎えたが、成績不振から途中解任を言い渡された。今後の動向に最も注目が集まる指揮官の1人だが、現時点で将来は全くの白紙状態だという。

 モナコGPを現地で観戦している同氏に英衛星放送局「スカイスポーツ」のレポーター、ナタリー・ピンクマン氏が去就について訪ねたという。

「分からない。正直に言って、まだ何も分からない。唯一言えることは、私は感情的になることはないということだ」

 ポルトガル指揮官は現場復帰の意欲を持っているというが、「合理的でなければならない」と新天地の決断には慎重な構えだ。「働きたい、働きたくてたまらないということだけで選ぶことはしない。正しいプロジェクト、正しいモチベーションのうえで決断しなければならない」とコメント。復帰に向けて、しっかりと準備を進めているようだ。

「だからこそ、考えなければいけないんだ。我々は考え、そして分析したうえで正しい決断をするよ」

 ポルトやチェルシーインテルレアル・マドリード、そしてマンチェスター・ユナイテッドビッグクラブの監督を歴任してきた“スペシャル・ワン”ことモウリーニョ氏。さらなる進化を遂げて戻ってくる日も近いのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

現在フリーのモウリーニョ氏【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)