(出典 www.football-zone.net)



来季のチェルシーSD就任が報じられるも、エメリ監督は「彼を信頼している」と強調

 アーセナルは現地時間29日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝でチェルシーと対戦する。アゼルバイジャンで開催される“ビッグロンドンダービー”を前に、今季限りで現役を退くアーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフの元には、古巣チェルシーからスポーツディレクター(SD)就任のオファーが届いたという。それでもアーセナルのウナイ・エメリ監督は、ELで起用し続けたチェフを決勝でも引き続き起用するつもりだと語っている。英紙「デイリーミラー」が報じた。

 チェルシーとの決勝に向けて、エメリ監督はチェフを起用し続けることを決めたようだ。チェルシーがチェフにSD就任のオファーを送ったことを知ったアーセナルファンは、プレーに影響が出るのではないかと心配し、リーグ戦でレギュラーを努めたGKベルント・レノの起用を求める声も上がった。

 これによってチェフは、自身のSNSを通じて「今日、ニュースが出たけれど、私が将来のプランを決めるのは最後の試合の後だ。今、私はアーセナルでEL優勝することだけに集中しているよ」と声明を発表する事態になった。

 最終的に先発メンバーを決めるエメリ監督の決断に注目が集まったが、指揮官は今季のELで起用し続けてきたベテランGKに、ゴールマウスを預ける意思を固めたようだ。

「私は彼のことを今年1年しか見ていない。それでも素晴らしい人間であり、素晴らしいGKだよ。彼は経験があり、サッカーのキャリアは抜群だ。彼はここにいるべきだから、ここにいるアーセナルへの忠誠心は大きく、トップクラスだ。直近の試合でも完璧なプレーを見せ、ビッグセーブもあった。彼のキャリアにとって重要な決勝を、一緒に楽しみたい。私は、彼とここにいられる特権を持った監督だ。私たちは全力で勝ちにいくし、この決勝を楽しみたいと思っているよ」

 そう語ったエメリ監督は記者から「先発しそうですね?」と問われると、「私の考え方であり、やり方は、どの試合に向けても先発を決めたら、その選手に話をする。でもこの瞬間、私は彼を信頼しているよ」と、チェフの先発をほのめかしている。プレーに加え人間性にも信頼を置かれるチェフは、古巣とのEL決勝でピッチに立つことになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

今季限りでの現役引退を表明しているアーセナルGKチェフ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)