(出典 portal.st-img.jp)



再建を目指すユナイテッド、経験豊富なMFとしてラキティッチに白羽の矢

 マンチェスター・ユナイテッドは今夏の移籍市場で、バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチの獲得を目指しているとされる。バルセロナにもラキティッチを放出する可能性はあるが、5500万ユーロ(約68億円)の移籍金を要求しているという。英紙「デイリーレコード」が報じている。

 2014年セビージャからバルセロナに加入したラキティッチは、毎シーズン公式戦50試合以上に出場し、過去5シーズンで4度のリーガエスパニョーラ優勝に貢献してきた。今季のプレミアリーグで6位に終わったユナイテッドでは、スペイン代表MFアンデル・エレーラが契約満了で退団し、フランス代表MFポール・ポグバにも移籍の噂が絶えない。オレ・グンナー・スールシャール監督は、中盤に経験のある選手を求めており、ラキティッチの獲得に動くことになったという。

 21年6月までバルセロナと契約を残しているラキティッチは、攻守でチームに貢献ができ、ユナイテッド指揮官が求める経験とリーダーシップを兼ね備えている。31歳になった今もフィジカルコンディションは良く、バルセロナでの5年間で負傷や病気で欠場したのは、わずか9試合のみ。彼の獲得を目指すユナイテッド3000万ユーロ(約37億円)を準備したとされるが、バルセロナの要求額とは大きな開きがある。

 アヤックスからオランダ代表MFフランキー・デ・ヨングを獲得し、さらに同代表DFマタイス・デ・リフトの獲得も目指しているバルセロナは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触しないためにも、複数の選手を売却する必要があるという。そのため、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョやラキティッチは、今夏の移籍市場で売却の対象であるとみなされている。

 ユナイテッドバルセロナは、条件面で合意に達することができるのか。または他クラブがラキティッチの獲得に動くのか。実績十分のMFは、今夏の移籍市場で注目の一人となりそうだ。(Football ZONE web編集部)

バルサMFラキティッチ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)