(出典 img.footballchannel.jp)



バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に対して、複数クラブの競合が予想されているという。イギリスミラー』が報じた。

シーズン終了後にレアル・マドリーバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。ドイツスカイ』によれば、6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンはいまだ決断を下していないが、ハメスはすでに退団を決めた模様だ。

そのハメスはレアル・マドリー復帰を希望しているが、今夏のチーム刷新が指摘されるジネディーヌ・ジダン監督は一時政権時と同様、構想外に。そのため、ハメスは今夏のさらなる移籍が決定的な様相で、レアル・マドリーもその移籍金を補強資金に充てる道筋をつけているとのことだ。

そうなれば、気になるのがハメスの移籍先だ。リバプールマンチェスター・ユナイテッドアーセナルプレミアリーグ勢が興味を示しているが、ユベントスパリ・サンジェルマン(PSG)も動向を注視しているとされており、争奪戦の様相を呈しているとみられる。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)