(出典 www.soccer-king.jp)



今季限りで契約満了により退団「アトレチコでの最後の日になりました」

 アトレチコ・マドリードの元スペイン代表DFフアンフランは現地時間23日に記者会見を開き、今季限りで契約満了により退団することを発表した。その様子をスペイン紙「AS」などが報じている。

 フアンフランレアル・マドリードの下部組織出身で、プロ契約後はオサスナなどでプレーして2011年からアトレチコに加入。ディエゴ・シメオネ監督の下で右サイドバックとしての地位を築き、UEFAヨーロッパリーグ(EL)の優勝2回などに貢献している。

 昨季終了時点でも一度は契約満了による退団が噂されたが、1年間の契約延長でチームに残った。しかし、今季でアトレチコでのプレーは終わりを迎えることになった。

 フアンフランは会見で「アトレチコでの最後の日になりました。ここが私の家です。素晴らしい時間で、私のキャリアの中で最高の瞬間を過ごしました」とクラブへ感謝の言葉を話している。そして「いつか戻ってきたい」と、現役引退後のことも念頭に置いてのクラブ愛を示した。

 アトレチコはこれにより、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに続く3人目の退団発表となる。闘将シメオネが率いるアトレチコは、来季に向けて少しずつ血の入れ替えを計ることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

アトレチコ・マドリードDFフアンフラン【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)