no title


ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、FC東京に所属するMF久保建英日本代表選出に驚愕している。

日本サッカー協会(JFA)は23日、来月6月に行われるキリンチャレンジカップ2019の2試合に向けた同国代表メンバー27名を発表。ストラスブールのGK川島永嗣レスター・シティ退団が決まっているFW岡崎慎司が昨年のロシアワールドカップ以来となる代表復帰を果たした中、17歳久保建英がA代表に初招集された。

この久保の選出に、共にメンバー入りした長友は驚きを隠せず。自身のツイッター(@YutoNagatomo5)で、約6年前のエピソードを交えながら、「まさかこんなに早く実現するとは」と投稿している。

日本代表に選出されました。そして17歳久保建英も選出。約6年前当時小学生だった建英と一緒にトレーニングした時、先輩ヅラしていつか代表で一緒にプレーしようと言ったけど、まさかこんなに早く実現するとは。17歳恐るべし。そしておっさんよく生き残った。笑 共に頑張ります!」

日本代表は、今回のA代表マッチウィークで、トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)との国際親善試合に臨む。32歳になった現在も代表で活躍し続ける長友と、17歳で代表に上り詰めた久保。果たして、今回の代表戦で同じピッチに立つことはできることはできるのだろうか。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)