(出典 img.footballchannel.jp)



 日本サッカー協会は23日、6月のキリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバーを発表した。

 今回発表は27名が発表され、注目の久保建英もA代表初選出となった。会見に登場した森保一監督は、久保の選出理由について「チームで見せているパフォーマンスがいいこと、チームの中でも中心となって、存在感を発揮しているので招集しました。直近2試合では得点し、チームを勝たせるだけの仕事をしている。そういうデータも見て、招集しました」と説明。直近の活躍を高く評価していることを強調した。

 さらに、「求めていることはクラブと変わらず、攻撃に関わることでアクセントとなり、変化をつけ、緩急織り交ぜながら相手守備を崩せる選手なので、代表でも発揮してほしい。学んでほしいことは特にないですが、国を背負って戦うことができることで、違う経験ができる。そこからさらなる成長につなげてもらえればと思っています。皆さんの捉え方はわかりませんが、これまで支えた歴史を重ねた選手たちと比べ、飛び抜けているわけではないと思うので、背中、プレーを見て学び、言葉で伝えてもらって、成長につなげてほしいと思います」と期待を口にした。

 日本代表6月5日に豊田スタジアムにてトリニダード・トバゴ代表と、9日にひとめぼれスタジアム宮城にてエルサルバドル代表と対戦する。

森保一監督が久保建英の選出理由について説明した [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)