(出典 f.image.geki.jp)



バルセロナは22日、25日に行われるバレンシアとのコパ・デル・レイ決勝にドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンが出場できないことを発表した。

テア・シュテーゲンは右ヒザに痛みを抱え、7日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのリバプール戦以降、リーガエスパニョーラ2試合を欠場していた。

バルセロナはそのテア・シュテーゲンについて「今後数週間治療を続けていく」と発表している。

テア・シュテーゲンは今季のコパ・デル・レイでは準決勝のレアル・マドリー戦で2試合に出場していた。リーガエスパニョーラとの国内2冠を目指す中、代役はオランダ代表GKイェスパー・シレッセンが務めることになる。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)