(出典 portal.st-img.jp)



ドルトムントからチェルシーへ82億円で移籍 「エデンのプレーを見るのは最高だよ」

 来季からチェルシープレーするアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(←ドルトムント)が新天地でユニフォーム姿をお披露目した。同クラブに所属するベルギー代表MFエデン・アザールをロールモデルとして語り、偉大な先輩のように成功を収めたいと意気込みを語った。英公共放送局「BBC」が報じている。。

 プリシッチは今年1月にチェルシーと5年半契約を交わし、移籍金は5800万ポンド(約82億円)。今季後半戦はレンタルドルトムントに再加入する形でプレーを続けていた。

 ブンデスリーガシーズンが終わり、プリシッチは新シーズンの準備のためにロンドンに渡っている。本拠地スタンフォードブリッジでは改めてユニフォーム姿をお披露目した。意気込みとして、チェルシーエースであるアザールのような成功を収めたいと語った。

「エデンのプレーを見るのは最高だよ。彼は尊敬すべき人で、僕がああなりたいと思う選手だ。間違いなく僕にとっての目標だ。彼と同じチームになりたくないと思う選手がいたら、それはお愚かなことだよ」

 チェルシーFIFAから今夏と来冬の移籍市場で新戦力の獲得禁止処分を言い渡されており(1月に契約したプリシッチは対象外)、そのぶんプリシッチにかかる期待は大きくなるだろう。20歳の若きスターは、アザールのようにチェルシーで不動の地位を築くことができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

ドルトムントから移籍し来季からチェルシーでプレーするMFプリシッチ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)