(出典 amd.c.yimg.jp)



マンチェスター・ユナイテッドレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(27)の獲得に興味を示しているようだ。イギリスメトロ』が報じている。

シーズンイスコは、昨年10月末からマドリーで指揮を執ったサンティアゴ・ソラーリ氏の下で出場機会が激減。だが、今年3月にジネディーヌ・ジダン監督が復任以降は全11試合に出場し、健在ぶりをアピールした。

とはいえ、絶対的な主力ではないこの状況にユナイテッドが目を光らせている模様。同クラブは創造性溢れる攻撃的MFの獲得を熱望しており、パリ・サンジェルマンマンチェスター・シティも狙っていると言われるイスコに照準を合わせているようだ。

ジダン監督はイスコの残留を希望しているが、1億500万ポンド(約1475000万円)の以上のオファーが届いた場合は放出に踏み切る可能性があるという。ユナイテッドイスコ争奪戦で優位な立場に立っていると伝えられているが、果たして白い巨人を満足させる大金を用意することができるのだろうか。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)