(出典 spurs.sc)



 バルセロナブラジル代表FWマルコムの獲得にアーセナルトッテナムなどが関心を示しているようだ。20日にイギリス紙『サン』が報じた。

 22歳のマルコムは昨夏にボルドーからバルセロナに鳴り物入りで加入したものの、公式戦23試合の出場で4得点2アシストインパクトを残すことに失敗し、今夏の放出が噂されている。

 バルセロナマルコムの移籍金に獲得時の約1.7倍に当たる6000万ポンド(約84億円)を要求している模様だが、昨夏にも同選手の獲得競争に参戦したトッテナムと今冬に同選手のレンタル移籍を試みたアーセナルがそれぞれ獲得に名乗りを挙げているようだ。

 また、チェルシー移籍が決定しているアメリカ代表FWクリスティアン・プリシッチに代わる新たなウィンガーを探すドルトムントも同選手に関心を示しており、激しい獲得競争になることが予想される。

バルサ1年目はファンの期待に沿えなかったマルコム [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)