(出典 i.pinimg.com)



マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(28)がクラブとの延長交渉再開を希望している模様だ。イギリスデイリーメール』が報じた。

2020年6月にシティとの契約が失効するギュンドアン。今年に入り、クラブとの契約延長に向けた交渉が取り沙汰されたが、ギュンドアンに焦りはなく、今シーズン終了まで回答保留の姿勢を取り続け、将来が不透明な状況だった。

だが、イングランド史上初となるシティの国内3冠に大きく貢献したギュンドアンは、ドイツ『ビルト』のインタビューで、去就について次のようにコメント。シティとの滞る延長交渉の再開に意欲を示したという。

「ここ数カ月の僕は試合に向けて完全に集中したいという考えがあった。それが正しい道だったとわかってくれたと思う。僕の調子やチームの結果でね。状況を振り返る時間がたっぷりできたから、クラブと(延長交渉を)再開するよ」

2016年夏にドルトムントから加わったギュンドアンは在籍3年目の今シーズンプレミアリーグ連覇を決めた最終節に直接FKを決めるなど公式戦50試合に出場して6得点8アシストを記録。アンカーとしても、存在感を高めた。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)