(出典 nordot-res.cloudinary.com)



 インテルに所属するアルゼンチン人FWマウロ・イカルディが、SNSを更新し残留希望を語った。

 イカルディインテルとの契約延長交渉の停滞などが影響し、2月13日クラブからキャプテンを剥奪されていた。その後、約2カ月間試合に出場することなく、今月3日に行われたセリエA第30節ジェノア戦で久しぶりの出場を果たしゴールをあげたものの、クラブから完全な信頼を得られていないようだ。そのため、今夏の移籍市場での退団が濃厚とされており、ユヴェントス移籍も報じられている。

 しかしイカルディは、自身のSNSを更新し、退団報道を否定。次のように綴り残留希望を明かした。

「最近、メディアは僕の考えや意思に反したニュースを報道している。だから僕はファンに、『クラブに対して何度も、”今後もここでプレーしたい”と言っていること』を伝えたい。インテルは僕の家族だ。だから何度も言うけれど、僕はインテルに残りたい。誰が真実を語っているかはじきにわかるはずだよ」

残留希望を明かしたイカルディ [写真]=Pier Marco Tacca/Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)