(出典 www.theworldmagazine.jp)



レアル・マドリージネディーヌ・ジダン監督が、ラージョ戦について言及した。スペインマルカ』が伝えている。

レアル・マドリーは28日、リーガエスパニョーラ第35節で最下位ラージョとのアウェイ戦に臨んだ。21分にDFヘスス・バジェホがPKのチャンスを献上すると、これをMFアドリ・エンバルバに沈められた。ここまで最多スコアラーのFWカリム・ベンゼマがケガで欠場したこともあり、ゴールを奪うことはできず試合終了。最下位相手に屈辱の敗戦を喫した。

ジダン監督は試合後、低調なチームの出来にコメント。普段は温厚なフランス指揮官もさすがに激怒した。

「どのレベルにもいないよ。得点することに失敗したが、見ていて悪いから怒っている」

「全てが悪かった。走れなかったら勝負できない。ラージョはプレーしていたが、我々は何もしなかった」

「私はいつも選手を守っているが、今日はできない。だが、私にも責任はある」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)

志士丸@

志士丸@

ジダンも地団駄を踏みたくなることもある。