(出典 img.footballchannel.jp)



『El Periodico』は26日、バルセロナのDFクレマン・ラングレのインタビューを掲載した。

フランスでは小クラブナンシーで育ったものの、リーグアン昇格後半年でセビージャに引き抜かれ、スペインで評価を高めたラングレ。

2部時代には「知る人ぞ知る有望若手」だった彼にはユヴェントスが接近していると伝えられていたが、その取引は実現しなかった。

なぜその誘いを断ったのか?3年の時を経てラングレはそのエピソードについて詳しく明かしてくれたという。

クレマン・ラング

(ディフェンスは好き?)

「もちろんだよ。好きさ。子供は皆攻撃を好むと知っているけどね。8~10歳くらいなら、攻撃してゴールを決めたいと思うものだ。ましてやライバルにガツンとタックルしたいとは思わない。

しかし、13~14歳になって、他の選手と競争したいと思えば、ちょっと賢くならなければならない。

自分のクオリティが何なのか。才能はどこにあるのか。長い時間トップレベルプレーするための資質を知らなければいけないよ」

(13歳の時、3つのクラブに入団を断られたよね。しかし17歳セビージャのモンチSDに誘われる選手になった。4年で何があったの?)

「簡単だよ。練習、練習、そして試合、試合。強いメンタリティを持って挑む。そして少しだけの幸運もね。

鍵はナンシーに加入できたことだよ。常にいつかプロと練習することを考えていた。そうなれるかどうかはわからなかったけど、プロを意識していた。心の全てでね」
(最終的にはそうなれたよね)

「そうだね。ナンシーでは2部リーグデビューすることもできた」

セビージャはどうやって君を見つけたの?)

「彼はフランスU-17代表とナンシーでのプレーを見てくれていたんだと思うよ。

そして、両親がセビージャで3日間招待されて、練習場やオフィス、スタジアムを見に行った。ただ、ナンシーがその時は売りたがらなかったんだね」

(残念だった?)

「いやいや。理解したよ。それから僕は仕事によりエネルギーを込めた。プロとしてデビューするために。そして、それは出来た。

2部リーグで10試合に出場した。そしてそれからユヴェントスが僕の父に連絡をしてきて、トリノに向かったよ」

(君も行った?)

「そうだね。僕もトリノに行ったよ。ユヴェントスとエンポリの試合を見た。

ただ、そのときは全てが大きく見えたね。まだ18歳だったし、2部で10試合に出場しただけの男だ。

そこにはボヌッチがいて、キエッリーニがいて、バルザーリがいて…。ユヴェントスと契約することは、とても大きなリスクであるように見えたんだ。その時はね」
リスク?)

スポーツ面でのリスクだよ。経済的には、ナンシーでもらっている額を遥かに超えたものだったよ!でもキャリアのリスクだと思った。

準備ができていないなとね。競争することが出来ないなら、プレーすることも不可能だからね」

(それが君の決断?)

そう、僕だけの決断だ。両親は理解してくれたよ。

ただ、すべてを見たかった。ユヴェントスが提供してくれたものを、全て見たかったんだ。感覚と映像を。そして、ユヴェントスへのリスペクトを。

あのようなビッグクラブにNOと言うことは出来ないものだよ。そのときにユヴェントスと契約することは簡単だった。

でも、それは自分のタイミングではなかった。だからその決断を後悔したことは一度もないよ」

【関連記事】バルセロナがガチで行って振られた9名のスター、そしてその代役

ナンシーはそれを理解してくれた?)

「明確にね。唯一の野望を持ってナンシーに戻った。まずは1部昇格。そしてユヴェントスにNOと言ったことは正しいんだと、ピッチ内で証明してやろうとね」
「ユヴェントスと契約するのは簡単だった」 バルサDFラングレ、なぜ拒否した?


(出典 news.nicovideo.jp)