(出典 img.footballchannel.jp)



リバプールから昨季のサラーに続き、2年連続の選出へ 26日に正式発表

 選手の投票で決定する今季のプレミアリーグ年間最優秀選手賞、「PFAプレーヤー・オブ・ザ・イヤー」はリバプールオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが受賞することになった。DFがこの栄誉を手にするのは2004-05シーズンの元イングランド代表DFジョン・テリー(当時チェルシー)以来14シーズンぶり。2018年にDF史上最高額の7500万ポンド(約108億円)の移籍金を打ち出した男が、名実ともに“世界最高のセンターバック”となった。

 この賞はプロサッカー選手協会所属の選手による投票で受賞者が決定する。ピッチ上でしのぎを削るライバルにも認められた、正真正銘のMVPとも言えるだろう。

 今季はマンチェスター・シティイングランド代表FWラヒーム・スターリングファン・ダイクの一騎打ちと見られていたが、リバプールのディフェンスリーダーが争いを制して初受賞と伝えられた。昨季はリーグ得点王に輝いたエジプト代表FWモハメド・サラーが受賞しており、リバプールからは2年連続の選出。現地時間26日に正式発表となるが、それに先駆けて英紙「デイリーメール」などが報じている。

ベストイレブンはシティ勢が最多6人、リバプールが4人、ユナイテッドポグバも選出

 また、PFAによるプレミアリーグベストイレブンも判明。ファン・ダイクをはじめ、リバプールからはイングランド代表DFトレントアレクサンダー=アーノルドスコットランド代表DFアンドリューロバートソン、セネガル代表FWサディオ・マネの4人が選出された。

 MVPは逃したものの、シティのスターリングベストイレブンに名を連ねている。そしてシティからは19得点で得点ランキングトップアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロブラジル代表MFフェルナンジーニョ、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバフランス人DFアイメリク・ラポルテブラジル代表GKエデルソンと最多6人が選ばれた。また、この上位2クラブ以外ではマンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバが唯一名を連ねた。(Football ZONE web編集部)

リバプールDFファン・ダイク【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)