(出典 pbs.twimg.com)



2023年バルサとの契約が満了するブスケッツ、キャリアの終え方について見解を展開

 バルセロナスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツは、トップチームでの11年目のシーズンを終えようとしている。キャリアも終盤に差しかかったブスケッツは米スポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」の取材に応じ、将来的にアメリカメジャーリーグサッカーMLS)でのプレーを思い描いていると明かした。

 下部組織時代からバルサに所属するブスケッツは、2008年に当時の指揮官だったペップ・グアルディオラ監督に見出されてトップチームに昇格。今季で11シーズン目を迎えているが、30代となり、キャリアの終え方についても考えているようだ。

 ブスケッツとバルサの契約期間は2023年6月まで。すぐに退団したいという意向は持っていない一方で、バルサで引退しようとは考えていないという。

「ずっと言い続けていたことだが、控えになっても20年間バルサの選手であり続けたいとは思わない。野心が薄れてきたり、フィジカル的にパスが出せなくなったりした時、一線を退くことになるだろう。そして特別だったことを感じ続けるだろうし、僕がクラブに捧げてきたものは残り続けることだろう」

 引退への考え方を明かしたブスケッツは、バルサOBで現在はカタール1部アル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビヴィッセル神戸プレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのように、海外でのプレーを夢見ている。

アメリカファンでそのサッカーは進化し続けている。MLSには競争力がある」

「未来に関して確実に予想することはできないが、アメリカファンでそのサッカーは進化し続けている。(MLSには)競争力があって、プレーオフはこっちで慣れていることとは違い、僕には魅力的に感じる」

 さらに記事によれば、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミを勧められたブスケッツは、ビーチでの暮らしはパートナーエレナ・ガレラと2人の子供に喜ばれ、賛成してくれると思うと笑いながら答えたという。

 ブスケッツは契約期間をまだ4年間も残していて、その後について話を進めるのは時期尚早に感じるが、本人はすでに考えを巡らせているようだ。(Football ZONE web編集部)

バルサMFブスケッツ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)