(出典 football-tribe.com)



パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)がレアル・マドリー移籍の可能性を否定した。フランス『Canal+』が報じた。

長らくレアル・マドリーターゲットとして名前が挙がるムバッペ。21日にホームで行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦でハットトリックをやってのけ、リーグ連覇に導いた。

そのムバッペはリーグ得点ランキングトップに立つ得点数を「30」に。ジャンピエール・パパン氏が1889-90シーズンに達成して以来、誰も到達していないリーグ30発に乗せた。

ムバッペは試合後、PSGの連覇に喜びのコメントを残すなか、レアル・マドリー行きの可能性について問われると、次のように返答した。

「僕はPSGが掲げるプロジェクトの完全な一部だ。ジズー(ジネディーヌ・ジダン)の復帰はレアル・マドリーのことを思うと、嬉しいよ。彼らの試合を追って観ている者としてね」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)