no title


スターリング、ネレス、コウチーニョのゴラッソを抑え… メッシの一撃が受賞

 バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間16日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦マンチェスター・ユナイテッド戦(3-0)で圧巻のドリブル弾を決めた。4年ぶりのベスト4進出に大きく貢献した一撃が、CL公式インスタグラムで“週間最優秀ゴール”に選出されている。

 メッシは0-0で迎えた前半16分、右サイドで相手DFアシュリーヤングのスライディンタックルを軽妙にかわすと、詰めてきたMFフレッジの股下をワンタッチで抜いて置き去りにする。最後はカットインしながら対面した相手DFクリス・スモーリングの前で左足を振り抜き、ゴール左隅を射抜いた。

 CL公式インスタグラムメッシの鮮烈弾を含め、マンチェスター・シティイングランド代表MFラヒーム・スターリングトットナム戦(4-3)で決めた先制弾、アヤックスブラジル代表FWダビド・ネレスがユベントス戦(1-1)で決めた同点弾、バルセロナブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがユナイテッド戦で決めたミドル弾を「ゴール・オブ・ザ・ウィーク」の候補にしていた。

 そのなかでメッシの一撃が最優秀ゴールに選出され、CL公式インスタグラムの投稿には、「メッシで間違いない」「やはり史上最高だ」「まさにふさわしい」「これこそが史上最高の理由」「誰も止められない」「ユナイテッドを崩壊させた」「メッシとコウチーニョのゴールが圧倒的だ」「史上最高が絶好調」とファンからコメントが寄せられていた。

 ユナイテッド戦で2ゴールを決めたメッシは大会10ゴールでCL得点ランキング首位。堅守を誇るリバプールとの準決勝でもエースの存在が違いを生み出すことになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

マンU戦で2ゴールを挙げたFWメッシ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)