(出典 amd.c.yimg.jp)



バルサOBリバウド氏、「素晴らしいゴール」「シーズンで25点取れる選手」と称賛も…

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦で、バルセロナマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、3-0で勝利。2戦合計4-0で準決勝進出を決めた。この試合で先発出場したブラジル代表MFコウチーニョは、後半16分にエリア外から鮮やかなミドルシュートを決めて勝利に貢献している。しかし、このゴール後のパフォーマンスについて、ブラジル代表の先輩がスペイン紙「マルカ」で苦言を呈している。

 コウチーニョのゴールは見事だった。ロングボールを受けたスペイン代表DFジョルディ・アルバが落としたボールを受けると、中央にボールを運び、ユナイテッドのDFが寄せてくる前に右足を振り抜く。ボールスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが懸命に伸ばした手の上を通り、ゴールへと吸い込まれた。

 ゴールが決まった直後、コウチーニョはスタンドに向かって仁王立ちし、目を閉じて人差し指で両耳をふさぐゴールパフォーマンスを見せた。これが、今季の彼のパフォーマンスに不満を持つバルセロナファンに対するものなのか、第1戦から彼に対してブーイングを浴びせていたユナイテッドファンに対するものなのかは不明だ。

 それでも、かつてブラジル代表の10番を背負ったMFリバウド氏は、「良いジェスチャーではない。素晴らしいゴールを決めたのに、ファンに向かってあのようなジェスチャーは、絶対にするべきではない」と指摘している。

「人々が選手を批判するのは、彼がもっとできる選手だと分かっているからだ。この1週間、彼に何が起きたのか、どんな記事を読み、どんなテレビ番組を見たか知らない。でも、努力を続け、次の試合のことを考え、点を挙げないといけない。ゴールを決めることができれば、すべてが変わる。そしてクラブにとって重要な選手になる」

移籍も噂されるコウチーニョに対してリバウド氏の助言は? 「僕が彼なら…」

 リバウド氏はコウチーニョに対して厳しい言葉を並べたが、それは能力を認め、高く評価しているからこそだ。

「彼がリバプールプレーしていた時から私は好きな選手だし、非常に高い移籍金で加入したからね。もっと人として成長して、違いを見せなければいけない。メッシスアレスが得点を挙げられなかった時を思い出してほしい。彼はステップアップしないといけない。彼は、年間25得点は挙げられる選手だし、重要な試合でも得点できる選手だ」

 コウチーニョは今夏のバルセロナ退団も噂されているが、リバウド氏は「僕が彼なら残留する。このクラブプレーするのは特別なことだし、誰もがバルサの話をするからね。こんなクラブは、世界中を探しても見つからないよ」と残留を勧めた。

 コウチーニョは残留するのか、それとも新天地に活躍の場を求めるのか。ピッチ内のプレーとともに、今後の動向にも注目が集まる。(Football ZONE web編集部)

バルサMFコウチーニョ【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)