(出典 portal.st-img.jp)



17日に行われたUEFAチャンピオンズリーグベスト8の2ndレグ、マンチェスター・シティトッテナムは4-3という結果で終わった。

ウェイゴールルールによって僅かなリードを奪ったトッテナムが同国対決を制してチャンピオンズリーグ準決勝へと進出することに。

これはトッテナムにとって、「チャンピオンズリーグ」になってからは初めて、チャンピオンズカップ時代を含めれば67年ぶりの4強入りであった。

この歴史的な結果をもたらした指揮官マウリシオ・ポチェッティーノ氏は以下のように話し、チームを大いに称賛したそうだ。

マウリシオ・ポチェッティーノ

「今夜はサッカー界と私の監督キャリアにとって最も重要な時のひとつだ。

チャンピオンズリーグの準決勝に進出することは、これまで夢だった…」

【関連記事】ポチェッティーノを名監督たらしめる哲学…それを表す13の名言

トッテナム4月30日5月7日アヤックスとのチャンピオンズリーグ準決勝を戦う予定となっている。

67年ぶりの準決勝進出!トッテナム監督が称賛したのは…


(出典 news.nicovideo.jp)