06C3650E-E080-4C5E-8029-0FBB8133AC01


CLシティ戦で2発、初の準決勝に導いた韓国代表FWソン・フンミン 「圧倒的に傑出」

 トットナムは現地時間17日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦でマンチェスター・シティと対戦し、アウェーで3-4と敗れるも、2戦合計4-4のアウェーゴール差で劇的な準決勝進出を決めた。この日殊勲の2ゴールを決めた韓国代表FWソン・フンミンには多くの英メディアから最高評価が送られている。

 第1戦のホーム戦を1-0で制してアウェーに乗り込んだトットナムだったが、第2戦で待ち受けていたのは壮絶なシーソーゲームだった。

 試合開始早々の前半4分に先制点を与えるも、同7分にペナルティーエリア手前でこぼれ球を拾ったソン・フンミンが右足で押し込んでトットナムが追いつく。続く同10分、再びペナルティーエリア手前でパスを受けたソン・フンミンが右足を一閃。ゴール右に突き刺し、あっという間にスコアをひっくり返した。

 しかし直後の前半11分に同点とされると、同21分に勝ち越しゴールを許してしまう。21分間で両チーム併せて5ゴールが生まれる波乱の展開となったが、後半14分に追加点を奪われ、2-4とついに2戦合計スコアで逆転されてしまう。しかし、後半28分にCKから元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテが頭で押し込み、アウェーゴール差でトットナムが上回り、薄氷の差でトットナムが初のベスト4進出を果たした。

 CLの歴史に残るプレミア同国対決とり、英メディアは各自10点満点中の採点を実施しているが、2発を叩き込んだソン・フンミンに対して惜しみない賛辞が送られている。英メディア「90min」はソン・フンミンについて、シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネと並ぶ最高評価の9点を与えた。「ソン・フンミンの早々の2発はトットナムの絶対的な鍵となり、チームに勢いと自信を与えた。彼は素晴らしいパフォーマンスを披露し、圧倒的に傑出していた」と絶賛している。

 英サッカー専門メディア「Squawka」は、シティのイングランド代表MFラヒーム・スターリングと並ぶ最高評価9点を与え、「韓国人の衝撃はケイン不在のなかで強烈なインパクトを継続している」と称賛。英紙「ガーディアン」も「開始早々の2ゴールハリー・ケインの穴埋めを見せた。彼の2ゴール目は素晴らしい一撃だった」と綴り、両チーム併せて最高評価の9点を与えている。

 確固たる地位を築いているソン・フンミンだが、欧州の舞台でプレミア王者シティに対して2戦合計で3ゴールを決める大車輪の活躍を披露し、世界屈指のアタッカーであることを誇示した。(Football ZONE web編集部)

この日殊勲の2ゴールを決めたFWソン・フンミン【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)