(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



マンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)トットナム戦での3失点目について言及した。スペインマルカ』が伝えている。

1stレグを0-1で落としていたシティは17日のCL準々決勝2ndレグ、開始早々から3-2の打ち合いを演じると、59分にアグエロゴールで合計スコア4-3と逆転した。だが、73分にDFキーラン・トリッピアーの左CKからFWフェルナンド・ジョレンテのゴールを許してしまう。

これにはハンドの可能性があるとしてビデオアシスタント・レフェリー(VAR)による検証が行われるも主審はそのままゴールの判定に。後半アディショナルタイムには、FWラヒーム・スターリングゴールオフサイドで逆に取り消されるなど、2ndレグは4-3で勝利したシティだが、2戦合計スコア4-4、アウェイゴールの差で準々決勝敗退が決定した。

この試合の命運を分けたVARについてグアルディオラ監督がトッテナム戦後に言及した。

「多分レフェリーが見た映像ではそうではなかったかもしれないが、別の角度から見るとあれはハンドだった」

「タフで残酷な結果だ。だけど我々は受け入れなければならない」

「良い試合だった。後半は全力を尽くせたよ。必要なゴールを決めたが、トットナムを祝福しなければならない。準決勝で彼らの幸運を祈っている」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)