(出典 lifepicture.co.jp)



レアル・マドリージネディーヌ・ジダン監督が今夏の移籍市場について言及した。『フットボールエスパーニャ』が伝えている。

シーズン、不調で主要タイトル無冠が決定的なマドリーは、挽回を図る来シーズンに向けて、今夏の移籍市場で大金を投じるこが各紙によって報道。これまでには、チェルシーベルギー代表FWエデン・アザール(28)やマンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバ(27)などをリストアップしていることが伝えられている。

その一方で、補強資金を捻出するために既存選手たちを複数人売却するとの噂も絶えない。ドイツ代表MFトニ・クロース(29)やウェールズ代表FWガレス・ベイル(29)など、これまで主力として活躍してきた選手たちが放出候補に名を連ねているとされる。

そんな中、指揮官ジダン監督が今夏に刷新が行われようとしている移籍市場についてコメント。「売ることのできる選手がたくさんいる」と大幅な入れ替えを示唆している。

「このチームには売ることのできる選手がたくさんいる。彼ら全員が本当に優秀な選手だからね」

「多くのクラブレアル・マドリーの選手たちを欲しがるんだ。今に始まったことではない」

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)