no title


コロンビア戦から先発11人を総入れ替え ボリビアを攻めあぐねるも終盤のゴールで辛くも勝利

 日本代表は26日に国際親善試合ボリビア戦に臨み、後半から途中出場した“2列目トリオ”が躍動。MF中島翔哉の決勝ゴールで1-0と勝利を収めた。

 日本は22日の国際親善試合コロンビア戦から、スタメン11人を全員入れ替えた。DF畠中槙之輔とMF橋本拳人がA代表デビューとなり、キャプテンマークトップ下に入ったMF香川真司が巻いた。

 序盤から日本がボールを保持する時間が長くなったが、背後を狙った場面で1トップに入ったFW鎌田大地がオフサイドになってしまう場面や、サイドチェンジボールに正確性を欠く場面が見られ、なかなか決定機を作り出すには至らない時間が流れた。

 そうしたなかで前半23分、右サイドで細かくつないだところからMF宇佐美貴史が逆サイドに展開し、MF乾貴士が得意のカットインから右足シュートというチャンスを迎えたものの、ボールは相手GKの守備範囲に飛んで先制ゴールとはならなかった。

 日本はボールを持ちながらシュートにつながらない試合展開となってしまい、前半を0-0で終えた。

 後半に入っても停滞感のある時間が流れたなか、同13分に日本は決定機を生み出す。左サイドから乾が中央に入ってきたタイミングで縦パスを受けると、最終ラインと駆け引きした鎌田に乾がスルーパスを通した。GKと1対1になった鎌田だが、右足アウトサイドシュートは飛び出してきたGKにセーブされてしまい、絶好のチャンスを逸した。

 森保一監督は同16分に乾、宇佐美の両サイドアタッカーに代えてMF堂安律とMF中島翔哉を投入。さらに同24分には香川とMF小林祐希に代えて、MF南野拓実とMF柴崎岳ピッチに送り込まれた。

 すると同31分、ボリビアの中盤でのミスを逃さず一気に4対3の形を作ると、堂安から南野につなぎ、追い越して南野のパスを受けた中島が中央への切り返しから右足シュートでニアサイドを破ってゴール。入れ替えた2列目の3人が連動して先制点を奪った。

 さらに同33分には、中島が左足で放ったループシュートゴールポストを直撃。そのこぼれ球に鎌田と南野が絡んで押し込みにかかったが、鎌田がボールに触った時点でオフサイドとなり追加点のチャンスは逸してしまった。

 日本は集中を欠いた感のあるボリビアをそれまで以上に攻め立てたが、2点目は奪えず。試合はそのまま1-0で終了し、日本はコロンビアボリビアの南米勢と対戦した3月シリーズを1勝1敗で終えた。(Football ZONE web編集部)

途中出場のMF中島が決勝ゴールを挙げた【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)