no title


セルビア戦で右足ハムストリングを痛めて途中交代 CL8強アヤックス戦には間に合う?

 ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間25日の欧州選手権(EURO)予選のセルビア戦(1-1)で負傷交代。ハムストリングを痛めて状態が不安視されるなか、イタリアサッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」はロナウド本人の「1週間か2週間で戻れる」とのコメントを報じている。

 ロナウドはこの試合の前半31分に負傷交代となった。ハムストリングを痛め、チームドクターピッチ脇で状態を確認した後に交代となったが、後半は助けを借りることなく歩いてベンチに戻り「チームに与えられなかったPKに対し、主審に抗議をする主役になった」とも報じられている。

 試合後、ロナウドは「48時間、状態を確認するのに待たなければいけない。ただ、この負傷に対して心配も恐れもしていない。自分のことは自分でよく分かっている。これはサッカーでは起こり得ることだ。それこそ、雨が降っている日に外を歩けば濡れるのと同じだ。1週間か2週間で戻れるだろう」と、その状態について語った。

 ユベントスUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝で、アヤックスオランダ)と第1戦のアウェーゲーム4月10日に戦う。仮にロナウドが話したとおりの期間で最も時間がかかる2週間後となると、アヤックス戦前々日の4月8日に復帰ということになる。

 ポルトガル代表以上にユベントスの関係者に冷や汗をかかせているロナウドは、現地時間26日にはユベントスの本拠地トリノで精密検査を行う予定ともされるが、シーズン最終盤にその姿を100%の状態で見ることができるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

セルビア戦で負傷し途中交代となったC・ロナウド【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)