(出典 www.theworldmagazine.jp)



バルセロナが、所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)を売却しようとしているようだ。スペインマルカ』が報じた。

昨年1月にリバプールからクラブ史上最高額の移籍金で迎えられたコウチーニョ。昨シーズンリーグ戦18試合で8ゴール5アシストと、すぐに順応したかに思われたが、今シーズンはこれまでの実力を発揮することが出来ず、カンプ・ノウではファンからブーイングが起こることも珍しくない。今シーズンここまでの成績はリーガエスパニョーラ26試合で4ゴール2アシスト。そのうち先発出場は16試合で、今年に入ってからフル出場した試合はない。

コウチーニョは、昨年夏に退団したヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタの後釜として到着したが、インサイドポジションで機能せず。『マルカ』によれば、バルセロナはコウチーニョが“外れ補強”だったことを認め、放出の方向で動き始めているようだ。

また、バルセロナはコウチーニョの移籍金を1億ユーロ(約124億円)に設定。それ以下のオファーには応じる気はないとも伝えられており、売却までの道は容易ではないかもしれない。とはいえ、マンチェスター・ユナイテッドアーセナル行きの可能性が議論されており、ブラジル代表でコウチーニョのチームメイトであるFWネイマールとの関係から、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉する余地もあるようだ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)