(出典 img.footballchannel.jp)



中島、南野らが躍動 ハメスやファルカオを擁する相手に互角以上の戦い

 日本代表は22日に日産スタジアムでコロンビア代表との国際親善試合に臨み、昨年のロシアワールドカップ(W杯)のリターンマッチとなった一戦は、0-0で前半を終えた。

 日本はFW鈴木武蔵が1トップに入り、MF中島翔哉、MF南野拓実、MF堂安律が2列目に並んだ。代表復帰のMF香川真司やMF宇佐美貴史はベンチスタートになった。一方のコロンビアは、昨年のW杯での対戦時には、負傷を抱えて途中出場だったMFハメス・ロドリゲスがスタメン。前線にもFWラダメル・ファルカオが入るメンバーが並んだ。

 最初の決定機はコロンビアだった。前半4分、ハメスが左サイドに展開したボールをFWルイス・ムリエルが中央に返すと、飛び込んできたFWセバスティアン・ビジャがスライディングしながらシュート。しかし、これはクロスバーを直撃して事なきを得た。逆に日本は同10分、ロングボールを鈴木が収めて堂安、南野とつなぐと、南野が強烈な左足ミドル。これはセーブされたが、両チームが攻撃的な姿勢を見せる立ち上がりになった。

 その後もコロンビアサイド突破からファルカオのヘディング、日本は中島や堂安のミドルシュートゴールに迫りはしたものの、先制点を奪うには至らず。同37分に中島のクロスをファーサイドフリーになった鈴木がヘディングで合わせたが、シュートは枠を外れた。両者がゴール前に入っていく場面の多いスリリングな試合は、スコアレスのままハーフタイムを迎えた。(Football ZONE web編集部)

日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)