(出典 img.footballchannel.jp)



アジア杯の主力と新たに加えたメンバーを「ミックス」して戦うと言及

 日本代表は22日、アジアカップ後初ゲームとなるキリンチャレンジカップコロンビア戦(日産スタジアム/19時20分キックオフ)に挑む。前日会見に出席した森保一監督は、DF吉田麻也サウサンプトン)不在のキャプテンについて「今日の練習を終えて決めたい」と明言を避けた。

 日本代表は18日から横浜合宿をスタートエースのFW大迫勇也ブレーメン)、両サイドバックの主力であるDF長友佑都ガラタサライ)とDF酒井宏樹マルセイユ)、DF吉田、MF原口元気ハノーファー)の招集を見送り、ロシアW杯以来の復帰となった香川をはじめ、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、FW鎌田大地(シント=トロイデン)、MF橋本拳人(FC東京/守田英正の代替招集)、DF安西幸輝(鹿島アントラーズ)、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)をA代表初招集し、「ベースアップ」をテーマに調整を進めてきた。

 新体制初陣の2018年9月シリーズサンフレッチェ広島時代の愛弟子であるMF青山敏弘キャプテンを務め、10月以降は吉田がその座を引き継いだが、今回は2人が不在。3月シリーズでのキャプテンに注目が集まるなか、明言は回避した。

「基本的に明日(コロンビア戦)のメンバーアジアカップで主力として戦った選手と新たに加わった選手を交えながら戦いたい。すべて決まっているわけではないですが。もちろん、アジアカップで主力として戦った選手がすべているわけではないのでミックスして戦うことになると思います。キャプテンについては今日の練習を終えて決めたい」

 森保監督が強豪コロンビア戦で誰にリーダー役を託すのか、その決断に注目が集まる。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

日本代表の森保監督【写真:Football ZONE web】


(出典 news.nicovideo.jp)