(出典 www.football-zone.net)



メッシが今季3度目のハットトリック バルサ通算477勝でシャビを超え歴代1位に浮上

 元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス(アル・サッド)が、バルセロナ時代の元同僚のアルゼンチン代表FWメッシを「現在だけじゃなく、歴史上最高の選手」と表現し、バルサでの勝利数で自身を超えたレフティーに惜しみない賛辞を送った。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

 メッシは現地時間17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節のベティス戦で今季リーグ戦3度目のハットトリックマークして4-1の勝利を導いた。バルサでの通算出場試合数で歴代2位の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタヴィッセル神戸)に並ぶ674試合を記録すれば、通算勝利数ではシャビの記録(476勝目)を超える歴代1位の477勝に到達した。

 得点記録でも傑出している。今季リーガ26試合で29得点となり、得点ランキングでも首位を独走。歴代最多のクラブ通算得点記録は591得点まで伸びている。31歳となっても衰えるどころか、さらに凄みを増している感さえあるメッシ。そんな元同僚を、シャビは“サッカー界史上最高のプレーヤー”だと称えている。

「彼は常に誰よりも優れた選手。信じられないような存在だ。私の意見だが、彼は現在だけでなく、歴史上最高の選手だよ」

 さらにシャビは「彼はとてつもないことをやってのけている。すべての試合で違いを作り出す。12年前からずっとだ。私は彼と一緒にプレーしてきたが、彼のスキルは本当に素晴らしい。間違いなく彼が最高だ」と続けた。自身も世界最高の司令塔と評価を受けたシャビでさえ、メッシの偉大さには脱帽といった様子だった。(Football ZONE web編集部)

シャビ(左)がバルサ時代の元同僚であるメッシ(右)に賛辞を送った【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)