(出典 football-tribe.com)



バルセロナは18日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが10日〜15日間の離脱になると発表した。

スアレスは、17日に行われたリーガエスパニョーラ第28節のレアル・ベティス戦で負傷。右足首を捻挫したと発表されていた。

18日に検査を行ったところ、見立て通り右足首の捻挫を確認。10〜15日間の離脱となり、ウルグアイ代表の招集も辞退することになると発表されている。

スアレスは、今シーズンリーガエスパニョーラで27試合に出場し18ゴールを記録。これは29ゴールリオネル・メッシに次いで、リーグ2番目の得点を記録している。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)