no title

17日に行われたイタリアセリエA第28節のジェノアユヴェントスは、意外な結果に終わった。

ミッドウィークUEFAチャンピオンズリーグアトレティコ・マドリーと戦ったユヴェントスは、クリスティアーノ・ロナウドメンバーから外すなどターンオーバーを行った。

しかし、72分に先制点を奪ったのはホームで戦ったジェノア。しかも今冬ユヴェントスから移籍したステーファノ・ストゥラーロのゴールだった。

さらに81分にはカウンターからゴラン・パンデフの追加点が決まり、ジェノアが2-0で勝利を収めることになった。

なお、セリエAユヴェントスが2点差以上で敗北するのは2017年5月に行われたナポリ戦(3-1)以来1年10ヶ月ぶりとなる。

またアウェイで敗れた試合と考えても2017年11月19日サンプドリア戦(3-2)以来1年4ヶ月ぶり。

そして、ジェノア相手の試合は今季1分け1敗となったが、どちらも勝利できなかったのは2011-12シーズン以来8年ぶりのことであるそう。

さらにもちろん今シーズンユヴェントスは28試合を戦ってこれが初めての敗北で、無敗優勝の可能性は消滅した。

【関連記事】今季のセリエA見るなら目をつけるべき、10名のワンダーキッド

ただし、アッレグリ監督は『Sky』に対して「負けるべき試合を正しく選んだ」と話しているようだ。

マッシミリアーノ・アッレグリ

コッパ・イタリアでアタランタに敗れたのと同じように、我々は負けるべき試合を正しく選んだのだ。

なぜなら、これはインターナショナルマッチデーの中断の直前だからね。我々は力を抜いて休む時間がある。

火曜日アトレティコ・マドリー戦で費やした努力は、我々に大きな影響を及ぼした。すべての試合で最大の能力を使ってプレーすることは出来ない」
ユヴェントス、歴史的敗北も…アッレグリ監督の説明が面白い


(出典 news.nicovideo.jp)