no title


2017年12月以来の日本代表選出 「自分自身を高めることを常に続けている」

 今季ヴィッセル神戸に移籍したDF西大伍は、3月22日コロンビア戦(日産スタジアム)、26日のボリビア戦(ノエビアスタジアム神戸)に向けた日本代表23人に名を連ね、2017年12月以来となる代表選出を勝ち取った。「日本代表の目指すスタイルと、ヴィッセルのスタイルが近づいていく可能性もある」と見解を述べる熟練のSBは、森保ジャパンにどのような自身の未来を重ね合わせているのか。

 西が代表初出場を果たしたのは、アルベルト・ザッケローニ監督時代の2011年6月1日に行われたキリンカップのペルー戦(0-0)。当時、鹿島アントラーズ移籍1年目の23歳。3-4-3の右ウイングバックでスタメン起用されたが、試合の流れに乗り切れずに前半だけでMF本田圭佑(現メルボルン・ビクトリー)と途中交代した。8年前の若かりし時の記憶を、西は「とにかく緊張していましたね」と振り返る。

 その後、2014年10月ハビエル・アギーレ監督の下で代表復帰を果たすも、ジャマイカ戦(1-0)、ブラジル戦(0-4)ともに出場機会はなし。ロシアワールドカップを控えた2017年12月にも、バヒド・ハリルホジッチ監督体制のE-1選手権のメンバーに選出されたが、右膝の内側側副靭帯断裂で辞退を余儀なくされた。鹿島でリーグ優勝1回、ルヴァンカップ優勝3回、AFCチャンピオンズリーグ天皇杯優勝を1回ずつ経験し、2年連続でJリーグベストイレブンに輝いた実績に、代表キャップ「1」は比例していないが、それにも“意味”があると西は語る。

「運命と言うと大袈裟かもしれませんが、そう捉えています。怪我をして行けなかったのも意味があるし、今回僕が選ばれたのも意味があると思います」

 西にとって日本代表とは――。そう問うと、「僕も力になれると思っていました」と笑顔を交えて心に秘めたる自信を覗かせた。

「選ぶのは人なので、そこに対しての期待はありません。自分自身を高めることを常に続けているので、そのどこかで相手側の見方が変わった時に入れるかなと。今回はそことタイミングが一致したという感じですかね」

森保監督は新潟時代の2010年に共闘 「チャレンジする気持ちを引き出してくれる」

 ロシアワールドカップ(W杯)後から指揮を執る森保監督は、2010年に所属したアルビレックス新潟で選手とヘッドコーチの関係だった。別々のチームでも時折連絡を取っていたというだけに、森保ジャパンに入っていくうえでも不安はないようだ。

「森保監督は良い人です(笑)コミュニケーションを積極的に取りますし、選手を緊張させるようなタイプではないかなと。失敗できる環境に置いてくれるというか、チャレンジする気持ちを引き出してくれますね」

 今回の森保ジャパンにおいて、西はフィールドプレーヤー最年長(31歳)、チーム全体でもGK東口順昭(ガンバ大阪)に次いで2番目だ。“年長組”としてチームを落ち着かせたいと静かに闘志を燃やす。

「代表は毎回顔ぶれが変わって、みんながアピールしたいという場になりがちですけど、個人的には、できることをやるんじゃなく、試合に勝つために求められるプレーをするのが重要だと思います。日本代表として、どういう戦いをしていくかは確立していきたい。僕と(山口)蛍がヴィッセル神戸に来て選ばれたということは、今やっているサッカー日本代表に還元してほしいという思いもあるのかなと。僕のプレースタイル的にも試合を落ち着かせることはできる。コントロールしながら戦うという部分は伝えていきたいです」

日本代表の目指すスタイルと、神戸のスタイルが近づいていったほうがいいと思う」

 2022年カタールW杯出場を目指すチームに、「貢献したい」と西は言葉を続ける。

ヴィッセル神戸にとって、代表選手がいるというのが重要な部分。日本代表の目指すスタイルと、ヴィッセルのスタイルが近づいていく可能性もあるし、僕はそうなったほうがいいと思っています。そうなった時はもちろん力になりたい。対戦したことがない選手とやるのは自分の成長につながるので、代表でも驚きがあれば嬉しいです」

 まだ31歳。「僕を見てほしい!」と語る“成長途上”の西大伍が、久々の日本代表でどんな新しい風を吹かせるのか、見逃せない。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

今季ヴィッセル神戸に移籍したDF西大伍【写真:Football ZONE web】


(出典 news.nicovideo.jp)