(出典 www.soccer-king.jp)



ジネディーヌ・ジダン監督を復帰させたレアル・マドリーはこの夏のチーム大改革が噂されている。

バイエルン・ミュンヘンポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは、かつてレアルへの移籍が噂されていた選手だ。

『AS』によれば、その可能性があったことを本人が認めたという。『BBC Radio 5 live』に出演した際、こう述べたのだ。

ロベルト・レヴァンドフスキバイエルンFW)

「(2,3年前、クリスティアーノ・ロナウドセルヒオ・ラモスがあなたに『ここに来いよ!君は僕らのためにプレーすべきだ!』と言いましたね?)

そうだね、でもハイレベルプレーしていると、皆が『あっちやこっちにも移籍できる』と言うのさ。

とはいえ、自分にとっては重要なことじゃない。

多くのチームが欲しがっていると皆が言ってるのは知っていたけれど、最も大事なのは自分が求めるものだ。そして、自分が決めたことさ。

なので、今は移籍を考えてはいないんだ」

ロナウドラモスからレアル移籍を勧誘されたことを認めつつ、バイエルン残留を決断したということのようだ。

【関連記事】 レアル・マドリーでロナウドの後継者になれそうな選手、TOP11

30歳になった彼とバイエルンとの契約は2021年までとなっているが…。

レアル移籍をロナウドらから誘われた…レヴァンドフスキが認める!


(出典 news.nicovideo.jp)