(出典 kicker.town)



リバプールにあってバイエルンになかった“培ってきたもの”への自負

 試合後、両指揮官の表情はあまりに対照的だった。自身に満ち溢れた顔で「素晴らしい試合だった」と冷静に振り返るリバプールユルゲン・クロップ監督に対して、バイエルンのニコ・コバチ監督は言葉数も少なく、「リバプールのほうが上だった。自分たちの限界を見ることになってしまった」と完敗を認めていた。

 バイエルンにとって8年ぶりとなる、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16での敗退。だが、本拠地アリアンツ・アレーナにブーイングは一切なく、挨拶に来る選手にファンから大きな拍手が沸き起こっていたほどだ。マッツ・フンメルスは「今回は正直、ここ数年よりは苦しい敗退ではない。ある意味、順当な負けだ」と語っていたが、この心境にファンも理解を示しているのだろう。怒りよりも、今のチーム状態なら仕方ないという見方のほうが強いのだ。

 試合前にはかつての指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)が、「ホームで試合をするんだ。バイエルンが勝つよ」とコメントしていたが、そう感じさせるパワーバランスはなかった。

 バイエルンが、欧州トップレベルクラブと呼ばれていたのはなぜだろうか。

 揺らぐことのない自信で自分たちの強みを引き出し、相手の弱みを徹底的に突いていく。相手チームが怯えてしまうほどの圧倒的な威圧感、自分たちが試合を決めるという強烈な意志。リバプールとの敵地での第1戦を0-0で乗りきり、迎えたホームでの第2戦では支えてくれるファンの声援をバックにさらに加速度を上げることができる――はずだった。だが、この日のバイエルンからはそうした姿が見られなかった。

 むしろアウェーのリバプールのほうに、そうした空気感があった。試合後の記者会見クロップ監督は、「ファーストレグを終えて思ったのは、自分たちの仕事をしていこうということだ。(フィルジル・)ファン・ダイクが復帰したことで後ろを任すことができると考えた。だからオフェンシブな布陣で相手にプレスをかけていく、あえてオープンな状態で試合にいった。それが自分たちのプランだった。相手にチャンスを作られるかもしれない。でも積極的にいきたかった」とゲームプランについて語っていた。培ってきたものへの自負が、そこにはある。

苦悩のレバンドフスキ「自分たちの試合ではなかった」

 一方のコバチ監督は、「試合をコントロールしたかった。守備をオープンにしないようにしたかったが、上手くいかなかった。相手の素早いプレスを受けてしまった。ミスをしたくなかった。攻撃では中央を避けてサイドからを狙った。左サイドで何度か良い形を作ったが、数的有利をあまり作れなかった」と、この試合の戦い方について記者に答えていた。

 フンメルスが「1-2となるまでは五分五分の展開だった」と振り返ったように、確かにそこまではどちらにも勝つチャンスがあった。だが、後半24分に1-2となってからは何もできなかった。得点が欲しいのに得点が生まれそうな気配がなかったのだから。この試合、バイエルンが放ったシュートはわずかに6本。枠内シュートはダビド・アラバのミドルシュート1本のみ。そして得点は相手DFジョエル・マティプのオウンゴールだった。

 試合中ほとんどの時間、前線で孤立していたFWロベルト・レバンドフスキは、ノルウェーテレビの「ビアスポーツ」で、「今回の2試合ともあまりに守備的なプレーをしてしまった。プレスに行くこともできず、シュートチャンスを作り出すこともできなかった。後半はリスクをかけることもできずにいた。ホームでのプレーだったが、自分たちの試合ではなかった。だからリバプールは僕らに勝てた。守る位置が深すぎたと思う。リスクを冒さないようにプレーしていた。なぜかは分からない。前線では僕一人でいることが多かったから難しかった。一人であれだけのレベルの選手を複数相手にプレーするのは難しい」と心境を吐露していた。

 現在バイエルンには、センターフォワードを本職とする選手がレバンドフスキしかいない。バックアップだったサンドロ・ワーグナーは冬に中国1部の天津泰達へ移籍し、後釜の獲得はなかった。コバチは動こうにも、状況を変えるような一手を打つことはできなかったとも言える。

 とはいえ、点を取らなければならない状況となれば、なんらかの攻撃的な策がなければならない。怪我人が多かったと悔やむ声もあるが、怪我人はどのクラブでも出てしまう。一見予期せぬ出来事をも、あらかじめある程度以上予見されているかどうか、それをチーム作りや選手補強の段階からしっかりとプランニングし、トレーニングやミーティングから取り組まれているかが、チームの地力として評価されるところなのだろう。

 そして、その地力でリバプールバイエルンを超えていた。(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

バイエルンにとって8年ぶりとなる、CLベスト16での敗退となった【写真:AP】


(出典 news.nicovideo.jp)