(出典 www.jsports.co.jp)



 ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は、同選手のレアル・マドリード残留の意思を代弁した。15日にイギリスメディアBBC』が報じている。

 ベイルはサンティアゴ・ソラーリ監督がクラブを率いていた際、ユヴェントスへと移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの後継者のように重要な役割を任されていた。今シーズンは34試合に出場し13ゴール5アシストを記録しており、度重なる負傷の影響もさほど受けずにプレーできている。

 しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の復帰により、ベイルの立場が一気に不安定に。以前から同選手を起用することに懸念を抱いていたジダン監督は、第二次体制でもベイルの起用は控えられる模様だ。

 バーネット氏は次のように語っている。

ベイルジダン監督が復帰したからクラブを退団するわけではない。しかし、同監督と一度話す機会を設けることはあるだろう」

「彼はこのクラブで現役引退までプレーしたいと思っている。シーズンが終えて時間ができたらジダン監督と対談する可能性もある。移籍の話は何もないが、あるとしたらその段階からだ」

ベイルはレアル・マドリードでキャリアを終えたいようだ [写真]=Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)