(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



レアルでCLを勝ち取った指揮官が、現在はライバルクラブプレーする教え子を称賛

 ナポリカルロアンチロッティ監督が、現地時間12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)16強、ユベントスアトレチコ・マドリードの第2戦(3-0)で、ハットトリックを達成して逆転突破に導いたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて言及。「ロナウドは決して試合で失敗しない」と称賛した。衛星放送「FOXスポーツ」が報じている。

 敵地での第1戦を0-2で落とし、敗退危機に追い込まれたユベントスは、第2戦でエースロナウドが爆発。前半27分に打点の高いヘディングで先制ゴールを叩き込むと、後半4分に再びヘディング弾を決めて追加点。後半41分にはPKを沈め、CLで自身8度目となるハットトリックを達成してチームを劇的な逆転突破に導いた。

 2013-14シーズン時、レアルロナウドを要してCLを制した経験を持つアンチロッティ監督は、逆転勝利の立役者となった“元教え子”を絶賛。イタリア衛星放送「スカイスポーツイタリア」で、過去を振り返りながら「ロナウドはこういった試合で決して失敗をしない」と語った。

「重要な試合で上手くプレーする素晴らしい選手がいるが、彼は自分自身を祝うことができる。これは偉大な選手とチャンピオンの違いだよ。彼のようにね。私は彼とともに楽しいひと時を過ごしたし、他の人も同じことを感じている可能性がある。私はすでに彼とともに十分楽しんだよ」

 また、アンチロッティ監督は「ユベントスは非常に強く、アトレチコは対処が容易ではなかった。ユベントス素晴らしい印象を与えていたよ」と語り、セリエAライバルも称賛していた。(Football ZONE web編集部)

(左から)アンチェロッティ監督、FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images&AP】


(出典 news.nicovideo.jp)